アルスコーポレーション

Global Site

HOME > 企業情報 > 沿革

沿革

1876年
明治9年
「瀧川製作所」創業。
1913年
大正2年
二代目瀧川安太郎が、現在の基盤である鍛造製品の製造を開始。
1946年
昭和21年
三代目瀧川重次が、裁縫鏝の製造により、工場再建を開始。
1951年
昭和26年
剪定鋏の試作を開始。
1954年
昭和29年
ハードクロームメッキを施した剪定鋏(全国初)。
1958年
昭和33年
稲刈り機用刈刃・研磨目立て機の自社開発。「アサリ分けの無い鋸」の研究を開始。
1964年
昭和39年
「アルス刃物製造株式会社」法人設立。
1965年
昭和40年
アルスワニマーク制定。
1970年
昭和45年
折込鋸P-18 発売。五條工場を建設し増産体制が整う。
1974年
昭和49年
西ドイツよりインパルスハードニング焼入機導入(衝撃焼入)。
1975年
昭和50年
アルス株式会社設立。
1981年
昭和56年
東レと共同でセラミック刃物への応用研究開始。
1983年
昭和58年
泉北工場を新設。
1984年
昭和59年
「アルストン15」が83年度の日経年間優秀製品賞を受賞。セラミックス刃物を産業面へ応用させるため、ワーナーランバード社より受注。
1985年
昭和60年
Gデザイン中小企業庁長官特別賞受賞。受賞商品:アルストン27 CS-27R。
1986年
昭和61年
 「ザクザク24」「スイスイ24」が通産省グッドデザイン入選。全国育樹祭で皇太子ご夫妻(現・天皇皇后両陛下)が、アルス製品により剪定されるという栄誉にあずかる。
1992年
平成4年
「アルスコーポレーション株式会社」へ社名変更。
1993年
平成5年
「アルスヌーボー」がG デザイン中小企業長官特別賞受賞。
1995年
平成7年
高枝鋏製品安全認定マーク(SG マーク)第1 号工場認定取得。
1997年
平成9年
四代目瀧川重隆新社長就任。
1998年
平成10年
環境及びメンテナンス対応向上のため「グリーン・パパ事業部」設立。
1999年
平成11年
ARS-WEB 開設。G クラシックシリーズ展開開始。
2002年
平成14年
泉北ショールームオープン。
2007年
平成19年
「ISO9001」「堺技衆」認証取得。
2010年
平成22年
物流センターを新設。
2014年
平成26年
法人設立50 周年

製品の歴史

1876年 田葉粉包丁発売。
1952年 剪定鋏発売
1960年 剪定鋸発売。
1970年 折込鋸P-18 発売。
1972年 ミニチョキ発売。
1977年 クラフトチョキ発売。
1978年 高枝鋏ポールチョキスタンダード発売。
1982年 アルストン15 発売。
1987年 刈込鋏K-1000 発売。
1989年 高枝電動バリカン発売。
1993年 アルスヌーボー・チルトン発売。
1998年 ポケットセクレタリ発売。
2004年 大工用鋸P-metal 発売。
2010年 超軽量伸縮式高枝鋏ライトチョキズーム・替刃式剪定鋏VS シリーズ発売。
2011年 充電式剪定鋏EP-700 発売。
2013年 超軽量3 本式伸縮高枝鋏ライトチョキダブルズーム発売。
2015年 ハイパワー造園バリカンカルゼ発売。

企業情報メニュー